水についてよくある質問

水についてよくある質問

アルカリイオン水とウォターストライザーの水素水の違いはなんですか?
 アルカリイオン水は名の通り金属イオンがマイナスイオンとなり、PHが9~10位の状態で水素も含まれております。この時プラスイオンを含んだ酸性水を捨て水にします。
 ウォターストライザーの水素水は特殊電解装置で出来るだけ水素の溶存量を増やして、中性域及び中性域に近いPH7.2~8.6程度の範囲で、捨て水無しで水素水を生成します。カートリッジを新規交換したり、納品時のカートリッジの新しい時はPHが高め(PH8.8位)になりますが、徐々にPHは下がりPH7.6程度で安定します。
色んな水素水がありますが、ウォターストライザーの水素水は他と違うのですか?
 水素水は生成方式や加圧方式、化学反応方式等いろいろありますが、飲料水に水素が入っていればそれは水素水です(濃度が、0.4ppm以上が目安)。ウォターストライザーの特徴は自宅の水道水を蛇口と接続して、連続10分間毎分1.8リットル摂取する事が可能であります。一番の特徴は毎日生活水として煮炊きやお茶、直接飲用をしている水道水ですので、味覚に大きな変化が無い事が特徴です。
水素水の保存は出来ますか?
 水素は非常に小さい原子の為一般的には保存する事は非常に難しいです。よってアルミパウチの容器に入った水素水も出来るだけ早く飲む事をお勧めします。ちなみにウォターストライザーの水素水も摂取直後4~5分経過で0.8ppmの状態でコップに放置しておくと30分経過で0.75ppm、60分経過で0.6ppm、120分経過で0.45ppm程度になります。
 ペットボトル(口切に入れてキャップした状態で)朝7時に摂取時0.8ppmの水素濃度は昼には0.55ppm程度になってしまいます。持ち歩きの場合は専用のH2-BAGをネット等で求めて、入れるとかなり効果的です。

ウォーターストライザーWater Sterizer

アルカリイオン水の機械は捨て水がもったいない。しかし還元水をたっぷり飲みたい、そんな問題を一挙に「ウォーターストライザー」が解決します!浄水機能もしっかり作動し、安全・安心の商品です。

ウォーターストライザーの詳細を見る

アクアバイオレットAqua Violet

アクアバイオレットの生成するイオン水の還元力で「若返る水」を生成します。また生成するイオン水は汚れや臭いもありませんし、腸に良く、飲料水としてだけでなくお料理の美味しさも引き出してくれます。

アクアバイオレットの詳細を見る

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。